[PR]〓特集〓 就・転職にダンゼン有利!【CAD】資格が取れる! キャッシング,ローン,医療保険,生命保険,かつら,増毛,転職,株 にゅーする?
旬のにゅーす(ニュース)を読みましょう。芸能ニュースから国内・海外ニュース。日々の気になる事件などなど。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment (-) | trackback (-)
記事編集
トラ正念場だ!最下位に・・・ 
2010.09.15 Wed 15:18
最下位に負けちゃまずいっしょ!!がんばってくれ~~~!!!
しかも3点差だなんて、ガビーン!!!!
何が何でも勝っておくれ!!!!!
<メール便なら送料無料♪>猛虎の魂はアナタの元に!猛虎ミラーステッカーBタイプ(猛虎スピリ...

トラ正念場だ!最下位に魔さか逆転負けhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000018-dal-base
「横浜6‐3阪神」(14日、横浜)
 真弓阪神が、最下位横浜に痛すぎる1敗を喫した。二回にブラゼル43号、城島25号で幸先良く2点を先制したが、二回裏を前にした雨による32分間の中断で流れが変わった。先発・スタンリッジが5失点と崩れれば、打線も6度、先頭打者を出しながらも攻めきれず。首位・中日とは2・5ゲーム差に広がり、3位・巨人にはゲーム差なしと迫られた。
土俵際まで押し込みながら、あと1本が出ない。九回2死一、三塁。一発同点の場面で金本が二ゴロに倒れた瞬間、スタンドは失意のため息に包まれた。取りこぼしが許されないV戦線の大詰めで9連勝中と圧倒していた横浜に、拙攻を繰り返して虎が散った。首位・中日が2・5差に遠ざかり、3位・巨人にもゲーム差なしに詰め寄られた。あまりに痛い逆転負けである。先手は奪った。二回にブラゼル、城島の本塁打攻勢で先制し、同点に追い付かれた直後の三回には新井の一打で勝ち越した。だがその後はホームが遠い。五回無死一塁で平野がけん制死。七回1死満塁では城島の右飛でタッチアップした三塁走者の鳥谷が本塁で憤死した。先発野手全員が安打を放ちながら、6度も先頭打者を出しながら、四回以降に無得点は強力打線の名折れと言える。
 「打つ方だけじゃなくて、少し走塁の方もミスがある。焦りもあるかもしれないが、焦っても何をしても、勝たないといけないゲームだから」
 試合後の真弓監督は最後まで硬い表情を崩さず、痛恨敗戦に悔しさをあらわにした。守りでも序盤に分岐点があった。二回表終了後。集中豪雨で32分の中断を挟み、再開直後にスタンリッジが2死二、三塁とピンチを招いて、8番・橋本を迎えた場面だ。次打者は投手の清水。久保投手コーチもマウンドに走った。橋本を歩かせて、清水勝負の選択肢もあった。最終的にベンチは橋本勝負を決断。そして右前2点打を許してリードを吐き出した。「勝負を選択して、勝負して打たれたんだから、全然いい」。指揮官は強気にこう振り返ったが、終わってみれば、悔いが残る場面となった。勝負の9月に入り、5勝6敗1分けと波に乗れない戦いが続く。中日、巨人より残り試合が最も多く、自力で勝利を積み上げていける余地が十分あるとはいえ、もうこれ以上、落合竜に引き離されることは絶対にできない。「今日はこっちにリズムを持って来れなかった。負けはもちろんいいことじゃないが、明日からもゲームがある。明日から頑張ります」。城島は懸命に前を向いた。立ち止まっている暇はない。Vへの正念場。真弓阪神の真の力が今、まさに試されている。

テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース

category:国内一般
comment (-) | trackback (-)
記事編集
押尾と肉体関係を結んだ田中香織さんが「食っちゃった」と知人に 
2010.09.07 Tue 16:34
普通の女性が男とヤッタ事を≪食っちゃった≫と表現しますかね~?
なんだか若いヤンキーが良いそうな言い回しですね・・・。
亡くなってしまったので、悪く言うのは気がひけますが、
クスリを一緒にやって、楽しんだ結果、不運にも命を落としてしまったようにしか見えません。
自分の身は自分で守らねば、ですね。

「食っちゃった」被害女性が知人に漏らす 押尾被告公判http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100906-00000534-san-soci
《合成麻薬MDMAを一緒に飲んで容体が急変した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判第2回公判が6日、東京地裁(山口裕之裁判長)で始まった。3日の初公判で保護責任者遺棄致死罪について無罪を主張した押尾被告。今公判では、過去に押尾被告と“ドラッグセックス”を楽しんだ元交際女性らが証人として出廷する予定で、検察側は押尾被告の無罪主張を切り崩す方針だ》
《「私は田中さんにMDMAを渡していないので、保護責任はありません。私は田中さんを放置しておらず、無罪です」-。押尾被告は初公判で、用意した文書を堂々と読み上げ、検察側との対決姿勢を鮮明にしてみせた》
 《また検察側、弁護側それぞれの冒頭陳述により、裁判での争点が明確に示された》
 《まずは押尾被告がMDMAを田中さんに渡したとするMDMA譲渡罪。検察側は押尾被告が友人の泉田勇介受刑者(32)=麻薬取締法違反罪で懲役1年の実刑確定=から受け取ったMDMAを田中さんに渡したと主張。弁護側は泉田受刑者からMDMAを受け取ったことは認めながらも、検察側が指摘する錠剤10個ではなく粉末で未使用だとし、MDMAは田中さんが用意したと反論する》
 《そして最大の争点が、押尾被告に田中さんの救命が可能だったかどうか。つまり保護責任者遺棄致死罪成立の可否だ。検察側は田中さんが事件当日の午後5時50分ごろに中毒症状を見せ始め、午後6時ごろには悪化し、午後6時50分前後に死亡したと指摘。午後6時ごろまでに押尾被告が119番通報すれば田中さんは助かったと主張する。一方、弁護側は、田中さんが自分で持ち込んだMDMAを自発的に飲んだとし、そもそも押尾被告に保護責任は生じないとした上、死亡時刻は午後6時ごろで、119番通報しても救命できなかったと反論する》
 《今回の事件は、押尾被告と田中さんだけの密室で起きたもので、押尾被告以外に当時の状況を知る人間がいない上、救急車を呼べば確実に救命できたことを証明する必要があるため、検察側に課せられた立証のハードルは高いとされる》
 《このため、検察側は電話やメールのやり取りのほか、現場に駆け付けた押尾被告の関係者らの証言などによる状況証拠の積み上げで有罪を立証していく方針とみられる。この日、検察側が請求した証人の口からは何が語られるのか。そして裁判員たちは、どう判断していくのだろうか》
 《法廷は東京地裁最大の広さを誇る104号。開廷時間を過ぎた午前10時6分、山口裁判長の指示で押尾被告が、向かって左側の扉から入ってきた。黒いスーツに白いワイシャツ姿。初公判のときと同様、表情は暗く目つきは鋭い。傍聴席に目を向けることなく、向かって左側の弁護人席の横に腰を下ろし、男性弁護人と一言二言交わした。男性4人、女性2人の裁判員も入廷し、10時8分、山口裁判長が声を上げた》
 裁判長「それでは開廷します」

テーマ:痛い奴ら - ジャンル:ニュース

category:国内一般
comment (-) | trackback (-)
記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。